理智の封印   第二部

「碧の龍王」

Copyright (C) : Toyoaki Furusawa, 2008〜. All Rights Reserved.


一、ダモンクランガータ

 エルフォンの元王女クインティアラーダヴァルキーアは、濃厚な墨を流したような真暗闇の中で、一人ぽつんと佇んでいた。
 光が全く射していないので、右も左も、上下さえも分からない。奥行きがあるのか、地面があるのかさえも定かではない。目を懸命に見開いても、何も見えなかった。
 一体、ここはどこなのだろうか?
 空気はねっとりとしているが、少しも動いていない。何の気配もない。
 ただ、耳を澄ませると、遠くから笛の鳴るような物悲しい音が聞こえてきた。それが時とともに近づいてきているのか、次第にはっきりとしてくる。
 それは笛の音ではなかった。誰かがすすり泣いているようだ。透きとおった声が、時々しゃくりあげている。女かとも思ったが、どうやら少年の声のようだった。
 やがて、空間の一角が明るくなり、一人の少年の姿を浮かび上がらせた。年の頃は十歳くらいであろうか。腰に薄い布を巻きつけただけの半裸である。肌は抜けるように白く、華奢で脇の骨が浮き出ていた。短い灰色の髪、青い目で女の子のように綺麗な顔立ちをしている。その子が、ぼろぼろと涙をこぼして、泣いている。
 何が悲しいのだろう?。
 クインティアは、思い切って、少年に話しかけようとした。
 ふっと、少年の姿が消えた。
 気が付くと、クインティアは見知らぬ山の頂きに立っていた。足下に雲海が広がっていた。地平近くに三日月が出ている。空は満天の星に手が届きそうなくらい澄み渡っていた。
 ひときわ大きく輝いている赤い星が目に付いた。目を凝らしてみると、輝きがどんどん強くなった。急速に近づいているのか、それは瞬く間に月のような大きさとなり、長く赤い尾を引きながら目の前を横切った。眩しい閃光とともに、大地に激突した。
 信じられない大きさと高さのの火柱が噴き上げた。
 いつの間にか、場面が切り替わっていた。
 町では多くの人々が悲鳴を上げながら逃げ惑っていた。頭上から大きな岩がばらばらと降ってきて、建物を粉々に打ち砕いている。雷鳴のような物凄い音が絶え間なく鳴り響いていた。
 クインティアは呆然として立ち尽くしていた。
 逃げてくる人の波が怒涛のように彼女の横を走り過ぎていく。倒れた子供や女たちが狂乱して泣き喚いていた。身体のあちこちから血を流している人もいる。
 見上げると、大きな岩塊が真っ直ぐに彼女に向かって落ちてくるのが見えた。
 それが激突するかと思えた瞬間、彼女は空高く舞い上がっていた。
 クインティアの心臓がどきんと跳ねた。魔法使いリグローンが彼女を抱いて、ともに飛翔しているのである。片時も忘れたことのない懐かしい顔であった。唸りを上げている風に、鮮やかな青い髪がなびいていた。
「魔法使い…」
 どうやら、彼に助けられたらしい。
 クインティアはうっとりとして緑の眼を閉じ、彼の胸に顔を寄せた。
「・・・?」
 けれども、何かが違っていた。不審に思って確かめると、そこには掴みどころのない異様なものが存在していた。不規則に揺らめきながら姿を変える人の形のものがいたのである。まるで、山脈がのしかかってくるような圧迫感が彼女の精神を押し潰そうとした。名前のない者であった。
 彼女は気が狂いそうになり、思わず叫び声を上げた。

 いつの間にか、古い藁束の天井がそこにあった。ところどころ穴が空いており、青い空と雲が見える。穴の端に小鳥が止まり、さえずりながらこちらを覗き込んでいた。
 クインティアは、薄汚れた毛布を払い、藁布団から身を起こした。緑の目をぱちくりさせ、ぼんやりと辺りを見回した。
 見慣れた廃屋の風景がそこにあった。崩れかけた土壁、朽ちかけた板張りの床、蜘蛛の巣の張っている窓。かまどでは、薪が灰になり、消えかけていた。
 クインティアは、ようやく現実に返った。

 ここスーク山脈は、エルフォン王国とスーク東諸国を分ける険しい天然の境界である。今、クインティアはこの山脈北東斜面にある谷に滞在し、剣の修行に励んでいた。
 剣のより高みを目指すために、諸国の盟主たる大帝の位を投げ出し、彼女が王都を出奔してから既に四ヶ月近くが過ぎようとしている。都では、大帝陛下が急な病に臥せているという噂が流れ、人々の心配を集めているそうな。どうやら、クインティアが失踪したことは限られた人々しか知らぬ秘密とされているらしい。また、百人近い屈強な男たちが真夜中に四方八方に散っていったという話をする者もある。

 さて、クインティアの泊まっている所は、遥か昔に打ち棄てられた農場の廃屋であった。スーク山脈の東側は比較的温暖で過ごしやすく、冬でも滅多に雪も降らないので、雨風がしのげるならば廃屋でも十分であった。かつて栽培されていた野菜類、芋類、果実の木が庭や畑に自生しているので食糧の調達には困らなかった。近くの川では、魚も捕まえることもできた。
 その他の食糧や日用品は、時々、十里(約二十二キロメートル)ほど離れた町まで買出しに行って、揃えている。

 季節はいつの間にか春に移り変わっていた。
 クインティアは藁床から起き上がると、屋外に出て、庭先の泉で咽喉を潤した。そのまま顔を洗う。空を見上げると、小さな雲がいくつか浮かんでいるだけの快晴である。森の木々は若々しい緑に染まり、山並みには薄い霞がかかっていた。
 空気がひんやりしているものの、寒いというほどではない。
 クインティアは大きく深呼吸し、山の空気を胸いっぱいに吸い込んだ。山から流れてくる気脈が身体中に流れ込んでくるような気がした。そして、彼女は馬小屋に寄って、黒鹿毛の愛馬を野に放つと、廃屋に戻り、粗末な朝食に取りかかった。
 ひび割れた食卓に並んだのは、庭でもぎ取った柑橘、生のままの人参、干し芋、保存用の麦菓子、細く切った肉の燻製などである。
 彼女は木箱の椅子に座り、身に染み付いたナパーシカ流の作法に従ってゆっくりと食べ始めた。粗食ではあったが、イムルク連山でヴェダ老のもと修行していた頃の食事と比べれば、十分にご馳走であった。ゆったりとした食事が終わった頃には、日が高く上っていた。

 クインティアは、さらさらの黒髪を後ろで結ぶと、壁に立てかけた水斬りの太刀を背負い、手製の木太刀を手に取って、廃屋を出た。黄色い花が咲き乱れている原を横切り、苔むした岩が連なっている渓流に出ると、その河原伝いに上流に向かった。その起伏に富んでいる道を行き、彼女の額に薄っすらと汗がにじんできた頃、急に空間が開けた。
 目の前に、切り立った崖で三方を囲まれた池があり、一筋の滝が絶え間ない水音を立てながら流れ落ちていた。水の深さは膝くらいはあろうか。川魚が群れて泳いでいるのがはっきりと見える。
 鬱蒼たる森と山に囲まれているためか、風はほとんどない。ちょうど日の光が射し込んで、穏やかな陽だまりになっている。
 クインティアは、荷を置くと、いつものように柔軟運動から始めた。立った姿勢から徐々に前かがみになり、顔をぺたんと膝につける。そのまま開脚して地面に伏せる。そこから様々な姿勢に変化し、身体中の筋を弓の弦のように伸ばした。身体が温かくなり、彼女の白い頬に薄っすらと紅がさした。
 次は素振りである。樫の木太刀を手にし、両手を頭上に振りかぶる。そこからゆるやかな呼吸とともに、水が流れるように一分の狂いもないような正確さで太刀を振る。半年前まで行っていた、激しい動作の稽古から一変し、まるで全くの別人か別の流派のような動きである。それを千回ほど繰り返す。
 さすがに、汗びっしょりになった。漆黒の髪もしっとりと濡れて光っている。しかし、呼吸は少しも乱れていなかった。
 彼女は木太刀を下げ、そのまま一刻ほど瞑目して立っていた。素振りの心地よい余韻が続いている。感覚が研ぎ澄まされ、谷間いっぱいに知覚領域が拡大した。谷間に流れる空気が髪にやさしく戯れているように感じられる。渓流の水の動きも皮膚感覚としてとらえられる。木々の葉ずれのささやきや水音は、心臓の鼓動とともに、身体の内奥から聞こえてくるようである。
 クインティアは薄く目を開いた。
 そのほっそりした身体から、鋭い剣気が放出されている。それが辺りの空気を緊迫させた。木々のざわめきが一瞬静まり返る。滝の水音もわずかに低くなった。
 風を切るようなかすかな音がした。
 すると、遠く五十歩ほど離れた渓谷から拳ほどの小石が宙に跳ね飛んだ。それが小さな音とともに空中で二分して散る。からん、ころんという音。再び、先ほどよりも小さな石が飛び、それも宙できれいに切断されて落ちた。切断の瞬間は余りにも短いので肉眼では捉えられない。
 クインティアは、殆ど動いていない。渓谷にも人の気配はない。誰もいないのに、小石が飛び、それが一瞬にして斬られたのである。彼女がラーフ老より伝授された無象剣の発展形であろうか。それにしても、既に意念だけで遠く離れたものを斬る境地にまで達しているようである。
 その光景が何度となく繰り返され、谷間に小さく鋭い音がこだました。
 それから半時(約一時間)ほどすると、彼女はふうーっと長い息を吐き、構えを解いた。辺りを支配していた目に見えぬ緊迫感が緩み、木々が再びざわめきを取り戻した。

 太陽は、いつの間にか頂点を過ぎていた。
 クインティアは、手頃な岩に腰を降ろすと、昼食を取った。いつもと変わりない麦菓子、生の野菜に果物である。咽喉の渇きは、滝壷の水で潤した。
 一息ついて空を見上げると、晴れ渡った空間の青さが目に染みた。その色が、あの魔法使いの誇り高そうな顔を思い起こさせる。思わず口元に笑みが浮かんだ。一体、彼は今ごろどこで何をしているのだろうか?変わりなく世界を駆け巡っているのだろうか?そして、彼女と同じ空を見ているのだろうか?胸がかすかに締め付けられるような気がした。
 谷間を渡る鳥が高音の笛のような声で鳴いた。
 クインティアは我に返り、ふうっとため息をついた。
 ここでの修行は着実に成果を上げてきていた。しかし、これではまだ足りないという気がするのである。今後、ごく近い将来に、シューヴァ王との戦いをはるかに凌ぐ試練が訪れるはずである。それを思えば、こんな境地で満足していてはいけない。
 彼女は表情を引き締めると、立ち上がり、着衣の帯を解いた。稽古着がはらりと落ちて、大理石の彫像のような美しい身体があらわになった。首からアリアロランの星輝珠を外して、そっと岩の上に置く。身に付けているのは、薄紫の下帯一枚だけである。
 クインティアは、そのまま池に足を踏み入れた。スーク山脈の雪解けの水だけあって、皮膚を切られるような冷たさである。歩を進めると、水深は腰の上までになった。
 彼女は滝の真下に入った。石つぶてのような水が激しく落ちてくる。彼女の身体を打つ音が響き、水しぶきが散った。彼女は白い乳房の前で掌を合わせ、印を組むと、瞑目して、心を意識化の深みに沈めた。たちまち、水の冷たさや痛さが気にならなくなった。同時に、空に浮かぶ雲、雪、山頂の雪渓、水が流れ落ちる斜面の光景などが伝わってきた。彼女自身既に水の一部であり、辺りの雫の一粒に至るまで彼女の知覚が浸透していた。彼女は水そのものであった。
 しばらくすると、クインティアを中心として鮮やかな虹が出現した。彼女を打つ水の流れが左右に分かれ、次第に細かく淡くなっていく。そこだけ霧がかかったように霞んだ。そこに太陽の光が散って、七色の帯となっているのである。
 その帯の輝きが増した。
 霧と虹をまとったクインティアの身体が静かに浮上し始めた。髪や身体から水が滴り落ちる。下帯が水面から顔を出し、次第にすらりとした腿、膝、脛が現れてくる。踏み台はない。水と一体化したことにより、このようなことが可能になったのであろうか。
 やがて、浮上が止まった。足底が水面にぴたりと着いている。
 クインティは薄く緑の目を開いた。そのまま印をゆっくりと解く。その身体がまるで重さを忘れたかのように水面上に直立していた。周囲を巻いている霧が湯煙のように立ち上っている。
 彼女の右足が水面をそろそろと滑り出た。それが止まると、今度は左足が追いかけておずおずと進む。両足が揃ったところで、いったん動作が止まった。やや動きが硬くぎこちない。もう一度、右足がかすかに震えながら、前に出た。
 その足が急に深く沈み込んだかと思うと、彼女は平衡を失って、水面に倒れ込んだ。大きな水音とともにしぶきが派手に跳ね上がった。

 クインティアは、水中から立ち上がり、髪の毛を掻き上げると、むすっとした表情を作った。『水渡りの術』はまだまだ完成から遠かった。彼女は岸辺に向かい、水から上がった。黒髪や下帯から水滴がぽたぽたと地面に落ちる。
 アリアロランの神器を手早く身に付け、稽古着を羽織ると、硬い表情のまま帯をきゅっと締めた。岩に立てかけてあった水斬りの太刀をおもむろに引き抜いて、両手で構える。緑の眼が針のように細まった。全身から、炎のような剣気が放たれている。
「何者っ!」と、凛とした声が谷間に響いた。
 クインティアは、誰もいないはずの方角をきっと睨みつけ、長い太刀を向けた。その視線の先、二十歩ほどのところには、馬の鞍の形をした薄緑色の岩があるだけである。
 水斬りの太刀がかすかに閃いた瞬間、鞍岩に稲妻のような火花が散った。ぱんという乾いた爆音ともに、岩が真っ二つになって割れた。まるで鏡のような見事な切り口である。
 その岩の上に、ぼんやりとした輪郭が浮かび上がった。半透明な燃えるような橙色で何か鳥のような姿形をしている。大きさは雉くらいであろうか。まるで幽霊か何かのように実体がない。おそらく常人の肉眼では、その姿は全く見えないであろう。それの眼が、金剛石のように妖しい光を放っている。
「ふん。…随分と手荒い歓迎じゃのう」と、甲高い声が響いた。人語を解するらしい。
「人外のものといえども、いきなりの盗み見とは非礼であろう」
「非礼があったなら詫びよう。…もしや、クインティアラーダヴァルキーアと申される御仁というのは、そなたのことではないかな?」
「…いかにも」
 クインティアは怪訝な表情を浮かべながらも、剣を油断なく構え続けた。相手からは、妖気こそ放散されているものの、敵意や殺気というものは感じられない。
「ふむう。童女ではないか…」と、それが少し落胆したようにぼそりと呟いた。「あの御方が見込まれたほどゆえ、どんな英雄豪傑かと思えば」
「童女で悪かったな。…私に何の用だ?」
「いと尊き御方から教えていただいたのじゃ。我が宿願を叶えるためには、クインティアラーダヴァルキーアの力が必要であろうとな」
「いと尊き御方とは?」
「七天王神第三位の戦女神カリエ様じゃ」
「あのカリエ様が…か」と、クインティアは構えを緩めた。「事情を話してみよ」
 その鳥のようなものは、もったいをつけた独特の語り口で仔細を話し始めた。

 それは自らをダモンクランガータ(以後、通称のダモンで呼ぶ)と名乗った。昔は、とは言っても人間の尺度では遥か太古のことらしいが、瞬速の伝令役として活躍し名を広く知られたこともあったそうな。しかし、ある時、大神オルンから厳しい罰を課せられることとなった。何でも神女アリアロランが地上界への自らの降臨を賭けて、異空間の迷宮ルウダッハからの脱出を大神オルンから課せられた時、ダモンがふとした誘惑にとらわれてオルンの禁を破り、結果的にアリアロランの手助けをしてしまったのだそうな。オルンは、ダモンの行為を大いに怒り、魂と肉体の分離と、気の遠くなるような期間の封印を命じたのであった。
 最近になり、天界の果てを巡回していた戦女神カリエがようやく魂の封印石を見つけ出し、その由来を思い出すと、ダモンを解放したのである。女神は、魂だけの存在となった彼の状況をひどく面白がり、ダモンに肉体の封印を解くには『クインティアラーダヴァルキーアという人間の助けが必要』と告げたらしい。
 クインティアは、ふううと溜息をついた。カリエ女神は相変わらず退屈を持て余しているようだ。そのとばっちりが、目の前の奇妙な存在という訳だ。

 話を聞き終えると、クインティアは警戒を解き、太刀を収めた。ダモンとやらの話は奇想天外ではあったものの嘘とは思えなかった。それに、今のところ魂だけの存在であるのは間違いない。しかし…。
「残念だが、私は宝探しに付き合っているほど暇ではない」
 やや冷ややかな口調でそう言うと、彼女は残っていた衣服を身に着けた。手早く荷物をまとめ、すたすたと歩き出した。
「えっ?」と、ダモンは慌てて彼女の前に立った。「ま、待て。どこへ行くのじゃ?」
「どこって、帰る…」
「話は、まだ済んではおらぬぞ」
「私は暇ではないと言ったはずだ」
「わしにはわしの事情がある。それに、これはそなたにとっても悪い話とはならぬはずじゃ」
「…」
「わしが肉体を取り戻した暁には、終生、そなたの家来となって仕えてやろう」
「話にならぬな」
 ぼそりと呟くと、クインティアは歩を進めた。
 ダモンの声が怒気を帯びた。
「何が不足か?この比類なき瞬速のダモンが、人間の家来になってやろうというのだぞ!」
「私は修行中の身だ。そのようなことに時間を費やしている余裕はないのだ」
「ふん」と、ダモンは不機嫌になって鼻を鳴らした。「先ほどの生ぬるいのが、その修行とやらか。あれが修行だとすれば百年経とうが、名前のない者の謎解きはおろか宝探しの役にも立たぬであろうよ」
 クインティアの足がぴたりと止まった。
「…何故、知っている?」
「カリエ様の従者の一人が、その話をしていたのを聞いたことがあるのじゃ。『名前のない者の謎に答えるためにも、あいつにとっても丁度よい試練になるであろう』ということじゃったがな」
 クインティアは緑の眼を丸くした。そのカリエの従者とは、あの魔法使いリグローンのことに違いない。他に彼女と名前のない者の因縁を知っている者はいないはずだ。あの魔法使いが、ダモンの肉体の解放への旅が彼女のためになると言っている以上、それは意味のあることに違いない。
「単なる宝探しではないということか」
「簡単に済む話なら、他人の助力など頭を下げてまで頼まぬわい。我が肉体の封印石を探すだけならば、時をかければ誰にでもできるであろう。およその位置については、カリエ様に教えて頂いてもおるしのう。ただ難しいのは、我が封印石のすぐ近くに、この世界に恐ろしい災厄をもたらす凶暴な魔神が眠っており、愚かにもそれを解き放とうと何百年も邪悪なの儀式を続けておる輩がいるらしい」
「ガドゥ…か」
「確か、そのような名前じゃったかのう」
「ふむ。ならば事情が変わった」と、クインティアは真剣な表情になった。「ガドゥがその魔神を解き放つのをやめさせねばなるまいな。して、封印された肉体は、どの辺りにあるのだ?」
「ルラ海を越えた東の大陸ナラルハラムの中央部の辺りらしい」
「ならば、まず、海を越えねばなるまい。…すぐに出発しよう」
 彼女は再び宿に向かって歩き始めた。今度は、新たな冒険の旅に出るための歩みであった。

 五日後、クインティアラーダヴァルキーアは大きな河口にある港町マイラにいた。ここはエルフォン領の東北の端にあり、遥か西の王都エリンまで達している大河カラの左岸に構築された七十万の人口を抱える大都市である。この辺りのカラ河の幅は優に十里(約二十二キロメートル)を越えるだろう。それが肉眼では分からないほどの緩やかさで東のルラ海に注ぎ込んでいる。
 町はカラ河から引いた広い堀によってぐるりと囲まれ、東、南、西の橋と門によって外界と連絡していた。
 クインティアは、その日の昼過ぎに、黒鹿毛の馬に揺られながら南の大橋から市街に入った。灰色の長い幕布ですっぽりと身体を覆い、顔は深く被った頭巾で隠されている。背には、その身長ほどもある朱塗りの太刀が揺れている。鞍には小さな荷が括り付けられているだけである。ほっそりした体格ではあるが、外見上、女とは分からない出で立ちであった。
 もし、霊力のある者が見れば、馬の尻の上に陽炎のように揺れる鳥の姿があるのに気づいたであろう。
 黒く逞しい馬は、ぽくぽくと蹄の音を響かせながら、石畳の道をのんびりと進んだ。正午の最も賑わっている頃合を過ぎてはいるものの、人や荷駄の行き来は多く、幅三十歩ほどの広い道路に人通りが絶え間ない。うっかり注意を怠っていると、たちまち人や馬車と接触事故を起こしかねないほどである。
 通りの両側は様々な店が軒を連ねていたが、午後に入っているので、のんびりと店じまいにかかっている所も多い。魚介類と麺の様々な料理、菓子、果物、飲み物を売っている屋台もあちらこちらにあり、ぷんと美味しそうな匂いが漂っている。繁盛している店は五十人近い行列までできている。
 町の中心部には、大理石造りの壮麗なオルン神殿が聳え立っていた。その周囲は四里にも及び、商業都市の経済力を反映してなのか、この地方では随一の規模を誇っている。神殿の前の噴水広場には、その昔、この地方に流行っていた疫病から人々を救ったとされる聖人オトの像が、人々を見守るように高みから見下ろしていた。このオト像には昔の事績からからか病気平癒のご利益があると信じられており、その礼拝目的の参拝者も多いそうな。実際に、神殿が売っている守り札の中では病気平癒の札が一番人気ということである。
 この神殿を中心とした区画には、数々の奉納品を扱う店、名物の食べ物や物産を店先に並べている土産物屋、肉を焼くうまそうな匂いを放散させている飯屋、参拝者への呼び込みの声が響いている宿屋などがずらりと立ち並んでいた。路地の奥を覗くと、売春宿まで看板を出していた。所々の道端には、垢まみれのぼろを身に付けた物乞いが座り、道行く人に喜捨を訴えている。
 クインティアは、一軒の清潔そうな宿を見つけると、愛馬を乗り入れた。屋根や外装など華美に飾っているところはないが、宿の玄関先の造りは簡素で趣味がよく、柱や窓が鏡のように磨き上げられていた。雰囲気もよさそうだ。ここに決めた。

 クイティアは、馬を厩舎に預けると、数日滞在する旨を告げ、宿の者に部屋に案内された。
 部屋は小じんまりとしていて、調度も少なかった。しかし、藁ではない寝台だけで十分であった。木綿の白い布団で、久しぶりの柔らかい寝台である。顔を伏せてみると、洗濯と太陽の匂いがした。ほんの些細なことだが、思わず頬が緩むほどうれしく感じた。部屋の隅には、四角い流し台に備え付けられたたらいと水桶がある。お湯を桶に入れてもらってきて、ここで身体を洗うのである。
 四ヶ月近くの孤独の中で修行してきた後の久しぶりの人の温もりである。やはり、人の住む町はいい。食べ物は美味しいし、おまけに酒もある。居酒屋では各地方独特の音楽を聞くことができるし、芝居小屋に行けば面白おかしい芸や芝居を楽しむこともできる。
 思い出したら酒が無性に呑みたくなってきた。この性癖は間違いなくのっそり先生の影響であろう。まだ、外は日が落ちていないが、夕食のついでにどこかの居酒屋に入ってみようという気になった。
「ダモン…」と、クインティアは、開けは放たれた窓枠でゆらゆら揺れている霊気に向かって話しかけた。「貴公、酒というものは好きか?」
「酒?…何じゃ、それは?」
「人間の飲み物で、飲むと気持ちがよくなるものだ。飲み過ぎると後悔するが…」
「ほう。わしは飲んだことはないな。…うまいのか?」
「うむ」
「飲んでみたい気がするのう。今のわしには肉体がないが、味と匂いくらいは分かろうほどにの」
「では、一緒に行こう」
 クインティアは、水斬りの太刀を部屋に残し、廊下に出ると、扉に鍵をかけた。武器は腰の短剣だけであるが、これは形だけである。身を守るだけなら、遥か昔に武器は不要な腕前である。余計な声をかけられないためのお守りみたいなものだ。
 その右肩辺りの上を、目には見えない霊気がゆらりゆらりとついていった。

 クインティアは、特に当てがあるわけでもなく、暗くなりかけた通りをのんびりと歩いた。様々な色や柄の衣が飾られている反物屋、きらびやかな簪(かんざし)や櫛などの装飾品が棚にずらりと並んでいる簪屋、香水の匂いが通りまで漂っている化粧品屋などの前では、何となく興味を惹かれ、立ち止まっては横目で店内を覗き込んだりした。それでも、どこか気恥ずかしいのか、店員が近づく気配を感じると、興味なさそうな顔をして立ち去るのである。まだ店内に入ってみる勇気はないらしい。
 以前、このような店を巡る散策には全く興味がなかったが、何故か、今は楽しいのである。綺麗な品々を見ていると、それだけで嬉しくなってくる。
 実際、身なりは男ものの旅の衣装をまとっているが、彼女はとびきりと言っていいほどの美しい娘であった。雪のように白い肌、黒曜石のように輝く髪、魅惑的な緑の眼、体型もすらりとしていて身のこなしも優美である。それらが意図しなくても彼女を群衆の中から浮き上がらせていた。すれ違う人々の多くの視線がちらちらと彼女に惹き付けられていた。
 小半時ほど通りを歩くと、日が落ちて、辺りは薄暗くなった。あちこちの軒先に吊るされている灯明灯がぼうっと明るくなり、通りを照らし出す。
 お腹が小さく鳴った。気がついてみれば、痺れるような空腹感があった。クインティアは、肉を焼いているうまそうな匂いに気づくと、抗し難い食欲に突き動かされて、一軒の飯屋に入った。看板には、「もぐもぐ亭」という妙な名前が書いてあった。
 中に入ってみると、思いの外、客が多かった。殆どの卓はむさくるしい男たちにより占領されている。女性の客は一人もいない。一斉に、客たちの奇異の視線が彼女に注がれた。
「へい、らっしゃいっ!」と、酒樽のような体型の男が威勢よく彼女に声をかけた。「姉ちゃん、美人だねえ!お連れさんはいないのかい?」
「う、うむ。…あ、後で来る」
 クインティアは、咄嗟に嘘をついた。
「ふーん、それじゃ。奥の席が二つ空いてるよ」と、彼女を招き入れた。「とびっきりの美人のお姉さん、ご案内っ!」
「へーい!」
 店内に大声が交錯した。

 適当に肉料理と酒を注文すると、意外に早く持ってきた。洗面器のような大皿に肉、野菜、果物を串に刺して焼いてあるのが山盛りになっている。横にどかんと置かれた壷には、ぷーんとの強い芳香を放つ酒がなみなみと満たされていた。
 後から来ると言った連れのために、杯と取皿は二つ用意されている。
 クインティアは、ダモンのために一つの串を取皿に分け酒を杯に注ぐと、彼の前に置いた。ダモンの陽炎のような霊気が嬉しそうに輝きを増し、串と酒を包み込んだ。
「ほううう。…これはいいものじゃのう」と、ダモンが呟いた。
 クインティアは、幼い頃から仕込まれた作法にのっとって食べようと思ったが、周囲を見ると、串にそのままかぶり付いているので、それに倣って食べ始めた。途端に、肉の脂がとろけるように口中に溢れた。基本は塩味で、細かく刻んだ香草が散らしてあり、その調和が絶妙である。
 ついでに杯に口をつける。まるで真っ赤なシージャの花のように甘い香りである。酒としては強く、舌の先が少し痺れる感じがする。久しぶりの飲酒なので、世の中にこんな美味しいものがあったのかというくらいの感動が湧き起こってくる。
 頬が自然に緩んだ。
「うむ。…うまい」
 食も進んだ。一本目の串はすぐに終わり、二本目にかかる。心地よい酔いが感じられる。
「人間どもというのは、いつもこんなものを食ろうておるのか?」と、ダモンが羨ましそうに言った。
 その杯の酒が若干減っているように見える。串の肉も縮んでいるようである。霊魂とはいえ、それらのエキスを取り込んでいるのだろうか。
「そうだな。…取り立てて贅沢な食事ではないであろう。ただ、王侯貴族といえども、このようなうまい物を常に食している訳ではないぞ」
「ふうん。…人間という身分も、そう悪いものではないということじゃな。…ところで」と、ダモンは辺りの様子を見回した。「そなた、気づいておるか?」
「え、何を?」
「…見られておるぞ」
「ん、あ、ああ」と、クインティアは興味なさそうに答えた。
 二つ卓を挟んだ向かいの席で、金髪でがっしりした体格の顔の男が、杯を傾けながらじっとこちらを見つめている。世間的には、一応美男の部類に入るであろう。その男が、何やらにやつきながら席を立って、ゆっくりと近づいてきた。
 男は、黒髪の娘の前に立つと、口をもごもごさせてから驚いたような顔になった。にやついた色は消えている。もう一度、口を動かしたが、声になっていない。まるで狸か狐に化かされたような顔になった。何かの術にでもかけられたかのようである。
 娘は平然と食事を続け、彼を見ようともしなかった。全く相手にされていないことを理解した男は、怪訝そうに首を傾げながら、自席へと戻っていった。
 クインティアは、壷の酒を杯に注いだ。その顔がほんのりと上気している。
「まあ、あの雄はいただけぬな」と、ダモンが酔ったような口調で言った。「そう言えば、そなたも、そろそろ雄を決める頃合いであろう?目当ての雄はおらぬのか?」
「無礼な」
「ふうん。…どうやら、心当たりがおるようじゃな」
 ダモンは、何かを感じ取ったらしく勝手に納得したようだった。

 隣の卓に、日焼けした二人の男が案内されてきた。年齢は、どちらも四十前後であろうか。一人は眉が薄く見慣れぬ異国風の派手な衣装を身に付けている。
 料理と酒を注文するなり、二人は何やら仕事の話を始めた。二人とも貿易商人らしい。船の積荷がどうのこうのとか、マメール銀(ナラルハラム大陸で産出する貴金属)が何枚とか、それがいついつに受け渡されるとかである。話に上がってくる産品が茶葉、絹製品、酒など多岐に及ぶことから、二人とも手広く商売をやっているのであろう。
 料理を食い、酒を酌み交わしながら、商談を続けた後で、異国風の商人がぽつりと言った。
「そう言えば、ナラルハラムへ帰る船が手配できなくて困っているのだが…。あんたの顔で、船の一隻くらい何とかならないか?」
「うん。実は、わしも実は困っている。ナラルハラムに送らねばならない荷があるのだが、船の手当てができない。…いや、船は港に沢山並んでいるのだが、船乗りどもが誰も海に出ようとしないらしい」

 クインティアは思わず聞き耳を立てた。

「もしや、あの噂のせいか?」と、身なりの派手な商人が薄い眉を寄せた。「海の魔物に船を沈められたとか何とかという…」
「…らしいな。わしも最初は船乗りどものほら話か迷信かと思っていたが、皆が皆、本当に怖気ているようだ」
「海賊の類に襲われたのではないのか?」
「人間相手だったら、あの荒くれどもをここまで怖気させることはできなかったろう。金を積み、護衛を増やせば、船を出す命知らずはいくらでもいる」
「まいったな」
「噂では、魔物に襲われて、命からがら逃げ帰った者がいるようだ」
「それは誰だ?」
「赤い海鷲のウルヴィダンの船さ」
「えっ、まさか、あのウルヴィダンが…か?」
 異国の商人は暗い顔をし、やけくそ気味に酒をあおった。
「ちくしょう。しばらく、こんな所に足止めか…。一月以内に持って帰る荷があるのだがなあ」
「わしのところもだ」
「何となからないか。…お上は、何しているんだ?水軍とか出して、退治してくれればいいじゃないか」
「ふん。海の真中は管轄外なのさ…」

 黒髪の娘は、卓上で揺らいでいるダモンに薄っすらと紅潮した顔を向けた。
「海の…魔物って、何だろうな?」
「さあな。…そのウルヴィダンとか言う者から話を聞いて見ぬと分からぬな」
「ふうん」
 彼女は、ぐびっと酒をあおった。気のせいか、先ほどよりも一口に飲む量が増しているようだった。
 しばらくして酒と料理が少なくなってくると、店の男が大きな盆に山盛りの料理と酒壷を持ってやってきて、卓にどんと置いた。
「へい、お待ち」
「…ん?何だ、これは?こんなもの、頼んだ覚えはないぞ」
「え、ええと。これは、お隣のお客さんからです」と、店員が異国風の商人を示した。眉の薄い中年男が、こちらを向いて白い歯を見せ、何やら意味ありげに片目を瞑った。
 クインティアの背筋がぞわぞわっと粟立った。
「どういう意味だ?」と、今度は商人に向かって言った。「私は、物乞いではないぞ」
「我輩の気持ちですよ。美しいお嬢さん」
 クインティアの眉がぴくりとした。
「私を愚弄しているのか?」
「いえいえ、お近づきの印とでも思っていただければ…」
「…興ざめした。帰る」
 黒髪の娘は、不快の色を隠そうともせずに立ち上がり、卓上に銀貨を一枚投げ置くと、足早に店を出ていった。
「いやあ。鼻っ柱が強いが、とびっきりの美人だったなあ。ううう、たまらないねぇ」と、彼女の後ろ姿を見送った商人が楽しそうに呟いた。

 翌日の午前である。
 クインティアは、ゆらゆらと宙で揺れている精霊ダモンを従えて、マイラの町を歩いていた。港に続く大きな通りに沿って、店や屋台を覗き込みながら、のんびりとした散歩を兼ねている。通りでは、荷馬車や乗り合い馬車、人が曳いている荷車などが、がらがらと車輪を鳴らしながら、忙しそうに行き交っていた。
 緩やかな坂を下り、下町に入ると潮の香りが漂い始めてきた。貿易関係であろうか、堂々とした店構えの問屋がずらりと並んでいる。反物、茶、陶器、香辛料、貴金属、武具など、色々な種類の物産が、軒先にずらりと並んでいる。
 建物はこじんまりしているが、イッサ屋という看板もあり、何だか懐かしく思えた。
 蔵と蔵の間の狭い道をひょいと覗き込むと、真っ青な水平線があった。
 黒髪の娘は、その道に入ると、小走りに駆け抜けた。
 海の風が頬にあたり、さっと視界が広がった。港である。灰色の石を積み上げた防波堤の内側に、木の桟橋がいくつもあり、大小百隻近くの船が帆を畳んで停泊していた。防波堤の外側の海には白波が立っているが、内側は穏やかであった。
 空には十羽余りのカモメが飛んでいた。
「ウルヴィダンという男はどこに居るかな?」と、ダモンが言った。
「さあ、人を見つけて聞いてみよう」
 クインティアは、蔵が立ち並んでいる岸壁を見渡した。人気がなく、閑散としていた。そう言えば、この港自体に活気というものが感じられない。
 近くの船の甲板を見ると、何をするでもなく暇そうに酒を飲んでいる五人ほどの男がいた。殆どが、日焼けした上半身をさらしている。船の大きさからすると、外洋船であろう。あの海の魔物の話のせいで、仕事がなく、暇を持て余しているという態である。
「たのもう!」と、クインティアは妙な言葉で船に話しかけた。
 誰も反応しなかった。
「たのもうっ!」
 声を張り上げて呼びかけると、ようやく一人がこちらに気づいた。赤毛の背の高い男である。年齢は三十過ぎくらいであろうか、目鼻の彫りが深く、無精髭を生やしている。その男が、酒を片手に渡り板までやってきた。
「よう、姉ちゃん。何か用かい?」
「う、うむ。少し、尋ねたいことがある。ウルヴィダンという船乗りに会いたいのだが、どこに行けば会えるのかな?」
 赤毛の男が板を渡り、彼女の前に立った。その表情に暗い影が感じられる。不審そうに太い眉を寄せ、クインティアの頭の先から爪先までじろじろと無遠慮に眺めた。
「ウルヴィダンに何の用だ?」
「それは…そなたには関係のないことだ」
「…」
 短い沈黙の後で、男は無愛想な口調で言った。
「教えてやらなくもねえが、一つ条件がある」
「何だ」
「この酒を一息で飲み干すことができたら、教えてやってもいいぜ」
 赤毛の男が持っていた酒杯を差し出した。何やら妖しげな茶色の液体が揺れている。男の表情が、どうせできっこないと言っているように見えた。
 クインティアは、むっとして杯を奪うように受け取り、そのまま一気に飲み下した。
「うっ!」と、むせ返り、思わず吐き出しそうになるほど強烈な酒であった。咽喉に焼けるような感覚が流れ下る。胃がひりひりと熱くなった。…でも、うまい。
「飲んだぞ」
 黒髪の娘がかーっと上気した顔で杯を返した。赤毛の男が眼を丸くしている。
「す、すげぇな。姉ちゃん…」
「で、ウルヴィダンには、どうすれば会える?」
「もう会ってるぜ。俺が、赤い海鷲のウルヴィダンだが、何か用かい?」
「え…?」
 聞き違いではなかった。確かに、男はウルヴィダン本人と名乗ったのだ。酒がじんわりと身体に回り始めて、気持ちよくなってきた。

 ふと眼を開けると、雨漏りの模様がついている見慣れぬ天井があった。
 朝…のようである。
「はて?」
 クインティアは、かかっていた木綿の布団をはねのけると、がばっと身体を起こした。…頭に鉛を埋め込まれたかのように痛い。咽喉もからからに渇いている。
「おや、お目覚めのようだねぇ」と、初めて聞く女の声がした。
 見ると、開け放たれた扉の向こうから、人のよさそうな婦人の顔が覗いている。年の頃は三十くらいであろうか。小柄でぽっちゃりとした体型である。
「ここは?私は、どうしたのだ?」
「ここは赤い海鷲ウルヴィダンの家さね。昨夜、うちの大酒飲みのろくでなしが、あんたを酔わせて連れ込んできたのさ。まったく、何を考えているのかねぇ…」
「ウルヴィダン?」
 僅かに記憶が蘇った。あの後、ウルヴィダンの仲間たちに誘われて甲板で酒盛りをしたのだった。それから何かまずいことをやらかしたような気がするが…何だったのだろう?不安な感じがしてならない。
 …そうだ。ダモンに聞けば、何か分かるかも知れない。と思い、室内を見回してみたが、その気配は感じられなかった。
 クインティアは、ずきずきする頭を押さえながら寝台から起き上がった。
「す、すまぬが。水を所望できぬか?」
「水だね。ちょいと、お待ちよ。おまえさん!…お姉さんがお目覚めだよ!水を持ってきておくれ!」と、婦人が奥に向かって声を張り上げた。
 程なく、背の高い赤毛の男が水差しと椀を持ち、とぼとぼとやってきた。ウルヴィダンは、どこか怯えたような表情をして水を差し出した。その目の周りに、何故か、青いあざができている。
 水を飲み、一息つくと、クインティアは不安な表情で船乗りに聞いた。
「私は何故ここにいるのだ?…それに、そのあざは?」
「…う、うう。もう、勘弁してくださいよう」
「え?何がだ?」
「お願ぇですから、この家までは壊さねぇでくだせぇ。一家を路頭に迷わせねぇでくだせえよう」と、大の男の船乗りが半分泣き顔である。よほど怖い思いをしたのだろうか。
「…?私は、何かを壊したのか?」
 ウルヴィダンは眼をぱちくりした。
「えっ。もしかして、覚えてらっしゃらねぇんで?」
「うむ」
「だって、俺たちがようやくの思いで修理した船をぼこぼこにされたんですぜ。そりゃあ、もともとは、姉さんにちょっかいかけたうちの水夫どものせいですがね…」
「えっ、そうなのか。それは気の毒なことをした。…これで足りるかな?」
 黒髪の娘は、懐中の袋から黄金の棒を十本ばかり取り出した。一本が親指ほどの大きさで、眩しいくらいに輝いている。それを無造作に、ウルヴィダンに手渡した。
「何ですか?これは?」と、赤毛の男がおっかなびっくりで受け取った。
「修理代だ。修理の足しにはなると思うが…」
「…」
 ウルヴィダンは、信じられないような顔をして、手の上の黄金と黒髪の娘を見比べた。
「姉さん、一体、どんなお方なので?」
「ふふふ。まあ、暇を持て余した金持ちの剣術使いということにでもしておこう」
 クインティアは、いたずらっぽく微笑んだ。
「ついでに頼みたいことがある。…東のナラルハラムまで、私を乗せていって欲しいのだが…」
「えっ、げ、げぇっ!」
 赤毛の船乗りは、恐怖の板ばさみにあったような青い顔になった。

 ウルヴィダンの船は、『赤い海鷲号』という名前であった。船体は赤ではなく白く塗られているが、帆柱の上に翻っている旗は真っ赤であり、そこに海鷲の刺繍がしてあった。
 甲板では、青あざや瘤を作った船乗りたちが破壊の跡を片付けていた。まるで大岩でも落としたかのように、木の甲板が裂け、船べりが吹き飛んでいる。帆柱には太くえぐれた傷があった。砕けた木箱や樽の破片が足の踏み場もないほど散乱している。
 そこに、赤毛の船長が、黒髪の娘を案内してやってきた。
「えっ!」
「ひ、ひぇーっ!」
 船乗りたちが、たちまち血の気を失い、逃げ腰になった。けれども、渡り板を二人が渡ってくるので、逃げるに逃げられないという態である。ウルヴィダンも心なしか青ざめているが、蛇に睨まれた蛙のように、黒髪の娘を先導して甲板に立った。
 娘の緑の眼が辺りを見回して丸くなり、他人事のように言った。
「なるほど、これはひどい壊れ方だな」
「甲板から上だけなので、航海には支障はありませんがね」
「それは、よい。いつ出港できる?」
「え、ええと。応急の修理をしておくとして、明後日には…」
 船乗りたちの間から、驚きの声が上がった。
「せ、船長!…海に出るんですかい?」
「そうだ。明後日にナラルハラムに向けて出港する。船賃もたっぷりと貰ってしまったしなあ」
「あ、あの魔物は…。また、あいつに襲われるかも知れませんぜ」
「魔物は、この姉さんが退治してくださるそうだ」
「…うーーん」
「それに、何もしないで酒ばっかり飲んでいても、魔物がいなくなる訳でもなかろう。このままじゃ商売上がったりだ」
「そりゃあ、まあ、そうですがね」
「それに、俺たちにも、海の男の意地があらあな。あの魔物にやられたままじゃ、格好がつかねぇや」
 ウルヴィダンが開き直ったように言うと、船乗りたちが渋々頷いた。このまま酒を飲んでいるだけでは、商売上がったりで家族を養えない。この事態を何とかしなくてはならないのは確かだった。それに、昨日の娘の化け物じみた剣術ならば、もしかしたら退治できるかもしれないという期待が持てた。

 夕暮れ時。港から馬車を拾って宿に着いた。部屋に入るなり、
「遅いぞ」と、不機嫌そうな声が迎えた。ダモンが部屋の窓辺で陽炎のように揺らめいている。彼女の帰りを待っていたらしい。
「ダモンこそ、どこへ行っていたのだ?」と、クインティアが応じながら、寝台に腰掛けた。
「ふん。ちょいと、海の様子を見てきたのだ。そなたのつまらぬ立ち回りを見ているより、よっぽど有意義じゃからな」
「うむう…そんなにひどかったのか?…まあ、よい。で、海の方は、どうだった?」
「静かなものじゃったよ。…ちと、静か過ぎるくらいじゃ。何がいるかは分からぬが、確かに、邪悪なものがいそうな臭いがしていた」
「それで…」
「おそらく、何かがいるとしたら海の底に潜んでいるのじゃろう。それ以上は何も分からぬ。さすがのダモンクランガータといえども、あまねく海の底までは見通せぬよ」
「ウルヴィダンたちも、その魔物を殆ど見ていないらしい。真夜中に襲われ、仲間の船が次々に沈んでいく中、逃げ出すのが精一杯だったようだ。…さて、その魔物に、私の剣が役に立つかな?」
「さあのう。もっとも、そんなものにてこずるようでは、この先の試練には耐えられまいがのう」
「ふふふ。楽しみだ。…よい修行になりそうな気がする」と、クインティアは、楽しそうに微笑んだ。「船の手配が出来たので、数日のうちに、まみえることができるかも知れない」
「手配…もしや、そなたが派手に壊していた船か?」
「そうだが…私は、そんなにひどい暴れようだったのか?」
「ははは…」と、ダモンは笑った。「酒とやらは、うまいが、ほどほどにすべきじゃな」
「心がけてはいる…」
「出港はいつじゃ?」
「明後日」
「早いのう。それまでに、あのぼこぼこに壊れた船を直せるのかな?」
 クインティアはむすっとした。
「そんなにひどく壊れていた訳ではないぞ。ちょっと甲板に傷がついただけじゃないか。ウルヴィダンは航海に支障はないとも言っていたし」
「まあ、よい。せいぜい難破せぬように気をつけることじゃ。船の上で暴れたら、わしはともかくそなたの命もないぞよ」
 その時、扉をこんこんと叩く音が聞こえた。
「誰だ?」
「花屋でございます」
「…?」
 黒髪の娘は不審な顔をしながらも、扉を開けた。目の前に、とても大きな花束があった。赤、橙、紫、黄、白の大小の花々が花壇のように咲き誇っている。いい香りがした。
「すまぬが、花なんて頼んだ覚えはないぞ。人違いではないのか?」
「いえ、確かに、ここにお届けせよとのことでございました?」
「誰が?」
「貿易商のマルドゥブ様という方でございます」
 眉の薄い異国風の商人の顔が眼に浮かんだ。…あの男だ。この宿泊場所までいつの間に探し当てたのだろう。油断のならない奴だ。不愉快な気分になった。
「いらぬ。持って帰るがよい」と冷たく言い放つと、クインティアは扉を閉めた。
 しばらくの間、扉の向こうに人の気配があったが、何かを置くような音がして、気配が遠ざかっていった。花束だけ置いていったらしい。
「もてる女はつらいのう」と、ダモンが愉快そうに言った。

 出港の日は、曇りがちではあったが、穏やかな天気であった。
 クインティアが宿の支払いを済ませ、人の目には見えないダモンを従え、背には水斬りの太刀を背負って、愛馬にのんびりと揺られながら港までやってきた。見ると、『赤い海鷲号』が停泊している岸壁には、黒山の人だかりが出来ていた。乗組員の親族のほかに、ウルヴィダンの船が魔物退治の航海に出るという噂を聞きつけた船乗り仲間や知り合いが集まってきたらしい。
 クインティアは下馬すると、人波を掻き分け、板を渡って甲板に立った。近くの水夫に手綱を渡すと、彼は馬を甲板上の柵に導いた。赤毛のウルヴィダンが上甲板から駈け降りてきて、ちらと長太刀に怖れの視線を送ってから、黒髪の娘を出迎えた。
「姉さん。お待ち申しておりましたぜ」
「うむ。ご苦労。準備は整ったか?」
「おおかた済んでおります」
「…では、出来次第出港いたせ」
「へい。あと一人、ナラルハラムまでのお客様を乗せたら、帆を上げまさあ」
「…あと一人?」
「左様で。…あ、来なさったようで」
 見ると、異国風の商人が、機嫌よさそうに鼻歌を歌いながら、渡り板の上を上がってくるところだった。あの彼女に色目を使ってきた中年男である。
「あやつか」
「え、マルドゥブ様をご存知で?」
「…ふん」
 黒髪の娘の霊気があからさまな不快さを帯びた。派手な身なりの商人は、そんな霊気を気にもせずに、ずかずかと近づいてきた。
「やあ、クインティア。また、会いましたね。我輩たちは、どうやら切れない縁で結ばれているようだ」
 なれなれしく名前を呼ばれて、クインティアの身体を悪寒が走った。思わず水斬りの太刀に手をかけたほどである。いつの間に名前までも調べたのだろう。
「何故、こやつがいる?」と、彼女は緑の眼でウルヴィダンを睨み、商人を指差した。
 赤毛の船長は事情が飲み込めず眼を白黒させた。
「…って、おっしゃられても。何か、まずいことでも?」
「気分が悪い」
 クインティアは、ぶすっとしてその場から逃げるように上甲板に上がった。その周囲には、近寄れば命の危険にさらされるような恐ろしいほどの殺気が放散されている。さすがに、商人も上がってはこない。
 ウルヴィダンは大声で出港の指示を飛ばした。
 船から渡り板が外され、もやい綱が解かれた。水夫たちが錨をがらがらと巻き上げる。船べりでは、長い櫂を下ろして海面を掻いている。船がそろそろと動き出した。帆柱に止まっていたカモメたちが、驚いたように飛び立っていく。
 港の外に出ると、帆が降ろされ、潮風を受けていっぱいに膨らんだ。船の速度がぐんと増し、カラ河から外洋に向けて白波を立てて走り出した。

 マイラを出港して四日目の夜である。
 クインティアの船室は、上甲板の下に位置していた。元々はウルヴィダン船長の部屋であるが、彼が万が一の面倒を恐れて明渡したのであった。寝台二個分の狭い空間であるが、個室なだけましであった。他の者たちは、甲板やその下の大部屋で雑魚寝である。あの鼻持ちならない中年の商人も、甲板で寝ているはずである。あの商人はウルヴィダンに何か言い含められたのか、出港以来、まったくちょっかいを出してこなかった。…それは、それで気味が悪いものである。
 甲板からいびきの音が響いている。
 黒髪の娘は、何やら落ち着かない気がして眠れず、寝台に座り、船窓から海原に顔を出した。
 満月の淡い光が魚鱗のような波に散っていた。雲は殆どなく、暖かい夜である。天空を横切る乳白色の天の川がくっきりと見える。星々が宝石を撒き散らしたかのように輝いている。そろそろ魔物の出たという海域らしい。今日あたり、襲撃があるのだろうか。
 海は穏やかであった。風も殆ど止まっているので、船の速度は微々たるものである。
 …でも、心が落ち着かない。不安むくむくと大きくなってきている。剣を向けられたような殺気は感じられないのだが、空気が妙に重苦しい気がする。
 いつの間にか、ダモンが横にいて、霊気を蝋燭の炎のように揺らめかせていた。
「何か?」
「…来るぞ」
 クインティアは寝台から飛び降り、水斬りの太刀を引き抜きざま、裸足で甲板に飛び出した。
 船乗りたちはまだ毛布にくるまって眠り込んでいた。帆柱の上の見張りや上甲板の舵取り、その他に何人か起きてはいるが、まだ変わった様子はない。
「どっちだ?」
「右だ」と、ダモンが教えてくれた。
 クインティアは右の船べりに立ち、長太刀を構えて、暗い海を睨みつけた。その霊気が力を帯びて嵐のように膨れ上がった。

 聞いたこともないような生き物の咆哮が、夜の海を震わせた。
 同時に、どかんという雷鳴のような大音響がした。暗闇の中、何か大きな塊が、海面上を飛び、物凄い勢いでこちらに向かってやってくる。
 クインティアは考える間もなく、全力を込めた無象剣を放った。暴風のような音とともに、一瞬で目の前の海面が裂け、向かってきた塊が粉々に砕け散った。少し遅れて、大量の海水が滝のように降ってくる。ということは、飛来したものは海水の塊ということになる。しかし、まともに船に当たれば帆柱くらいは簡単に折れてしまうほどの威力に違いない。
 甲板にいた者たちがずぶ濡れとなって逃げ惑った。
 泡立っている黒い海面に眼を凝らしていると、巨大な魚の鰭のようなものが波を蹴立てて向かってくるのが見えた。距離は一分里(約五百メートル)。あれが鰭だとすれば、この船に匹敵するか、もっと大きな生き物であろう。それが魔物そのものに違いなかった。
 クインティアは本能的に大海原に飛び出していた。そのまま着水。どぼんと水柱が立つかと思いきや、水しぶきを上げながら、風のように走っている。
 鰭とその白い航跡がぐんぐん迫ってきた。彼女と航跡が交錯した瞬間、月光を受けて水斬りの太刀が閃いた。鋭い衝撃波が海面を大きくえぐり、魔物の航跡を切り裂く。もうもうたる霧が噴き上がった。鱗が細かく弾けてきらきらと飛び散る。
 魔物の尾びれがゆっくりと上がり、海水を跳ね飛ばした。そのまま海面に渦を巻きながら、海底めがけ潜っていく。しばらく時間が経過した。荒々しかった波もおさまり、海面が穏やかになりかけた。
 不意に、クインティアの足元の海面が三角波のように高く盛り上がった。魔物が急浮上してきたのだ。同時に、彼女の長太刀が閃き、三角波を両断する。海水が霧となって左右に分かれ、そこから巨大な龍魚がぱっくりと口を開けて飛び出してきた。船をも丸呑みにできるほどの大きな口である。長く鋭い牙が、ずらりと並んでいる。それが、大量の海水とともにクインティアを飲み込んだ。尾びれ近くまでせり上がった巨体が、雷鳴のような水音とともに倒れ込み、再び水面下に沈み込んだ。飛び散った海水が、沸騰したかのように荒れ狂っている海面に落ちる。

「あっ。畜生!…食われちまった!」
 船べりで観戦していたウルヴィダンが、思わず叫んだものである。横で、派手な衣装のマルドゥブが心配そうに呟いた。
「あわわわ、我輩の三番目の嫁が…」
 海面に夜の静けさが蘇った。波がおさまり、先ほどとは打って変わって凪となっている。風もない。龍魚とクインティアの戦闘があった形跡など微塵もなかった。
 船乗りたちは誰も動こうとはせずに、龍魚の消えた辺りを見つめつづけた。風もないので、この海域から逃げることも出来ず、そのまま成り行きを見守ることしかできなかったのである。
 それから、どのくらいの時間が経過したろうか。
 やがて、大きく白いものがゆっくりと海面に浮かび上がった。鰭のようなものも見える。…龍魚である。それが腹を上にして浮かんでいる。既に死んでいるのか、ぴくりとも動かない。すると、腹の一箇所からどす黒い血が霧の柱となって噴き上げた。そこに穴が開き、中から人影が這い出してきた。
 龍魚の血と体液に全身まみれているが、死んだと思われた黒髪の娘に違いない。彼女は龍魚の腹に立つと、船に向かって太刀で合図を送った。
「姉さん!…生きていなさったんだ!…おうっ、早く小船を下ろして、お迎えにいかねえかっ!」と、ウルヴィダンが大声で怒鳴った。

 クインティアは、龍魚の死骸の上で水斬りの太刀を杖代わりに立ち、息を切らしていた。その胃の中にいたために、酸素不足になっていたのである。辛うじて腹を破って出たものの、もう少し長くいたら、死んでいたかも知れなかった。
 龍魚の血、脂、胃液で身体中がべとべとしていて、気持ちが悪い。異臭が鼻をついていて、吐き気がする。思わず、唾を吐き出した。早く船に戻って身体を洗いたいと思った。
 しかし、何故、龍魚が魔物として船を襲っていたのだろう?恐ろしい外見にも関わらず、本来はおとなしい魚とされており、船を襲うことはあり得ないはずなのだが。
 船の方を見ると、船乗りたちが小船を下ろし、こちらに向かって漕ぎ出していた。
「まだ、終わってはおらぬぞ」と、ダモンの声がした。
 振り返ると、龍魚の目が不気味に波打っている。それがぱっくりと裂け、中から透明な数本の触手がにゅるにゅると出てきた。さらに裂け目が広がり、クラゲの笠のようなものが現れた。その笠に、奇怪な人面が浮き出ており、触手に支えられて、ゆらゆら揺れている。人面が、邪悪な視線をこちらに向けた。
 クインティアは瞬間的に無象剣を放った。言いようもない嫌悪感からの反射的な行動である。クラゲの化け物が粉々の霧と化した。
「うう…。気持ち悪い」
「ふん。ベラミドラか。よくもまあ生き残っていたものじゃなあ」と、ダモン。
「ベラミドラ?…何だ?それは…」
「大昔の寄生虫のような妖魔だ。宿主の脳に寄生して、思いのままに操るのだが…。とうに滅びたものと思っておった。一体誰が蘇らせたのじゃろう?」
「あれが、龍魚に寄生して暴れさせていたのか?」
「そうじゃ」

「姉さーんっ!」と、ウルヴィダンの大声がした。
 見ると、迎えの小船がすぐそこまで来ていた。クインティアは、まだ距離があるにもかかわらず、小船に乗り移ろうと海面に足を踏み入れた。
 どっぼーーん!と水柱が上がった。