「銀の矢」

Copyright (c) : Toyoaki Furusawa, 2000-. All Rights Reserved.

七、魔風

 その瞬間、李凱永は弾かれたように横に飛んだ。真上から黒い稲妻のようなものが疾り落ち、彼のいた地面を切り裂いた。彼は、地を這って飛びながら、くるりと転身した。
 そこに妙な影がうずくまっていた。全身を黒い衣で覆っており、地面に影が溶け込んでいるように見える。そして、その影から凄まじい殺気が噴き出していた。人間のものとは思えない殺気である。
 その影が、地に埋まっていた黒い剣身を引き抜き、ぬっと立ち上がった。一瞬、それが揺らいだ。

 李凱永は、反射的に舜意功に入った。例によって、時の流れが遅くなった。
 黒い影が化鳥のように一足で間合いを詰め、真っ向から黒い剣を振り下ろしてきた。妖鬼のような跳躍力と速度である。舜意功に入っていなければ、何も反応できなかったに違いない。
 李凱永は咄嗟に真正面から突っ込んだ。彼は剣風をすり抜けて懐に入ると、全身の体重を乗せ肘を叩き込んだ。柳の葉を打つような空虚な手応えがして、黒い影がふわりと彼の頭上を飛び越えた。
 李凱永は肘打から急激に身を沈め、横っ飛びしてからくるりと起き上がった。
 敵は…と見ると、屋根の上にゆらりと立っている黒い影がある。あの姿勢のまま屋根まで跳躍したらしい。
 それがにっと笑ったように見え、そのまま風のように身を翻して、屋根伝いに走り去った。

 李凱永は舜意功を解くと、考える間もなく、門番の槍を拾い上げ、影を追って走り出した。今や、彼はそれが何かを理解していた。黒い影と軽く接触した瞬間、あの海の底での忌まわしい出来事が記憶の奥底から蘇ったのであった。
 あの時、その剣は李凱永の支配者であり、寄生物であった。剣に触れた瞬間から、世界の全てを呪う強烈な思念が侵入し、否応なく彼を支配したのであった。彼はその肉体を捧げる下僕でしかなかった。思い出すのもおぞましい記憶であった。
 ペレウスが牢から走り出て、
「リュカイオン、どこへ行く?」と怒鳴った。
「知らねえだよう」
 李凱永は、栗鼠のような身のこなしで、地面から垂直の壁を一気に駆け上がると、影の去った方角に疾駆した。
 ペレウスが地面を這うようにして追いかけた。

 李凱永は、幾つかの屋根をムササビのように飛び越えた。頬に当たる夜の風が、妙に冷たく感じられる。
 前方五十メートルほどのところで、黒い影が一瞬立ち止まり、ふわりと地上に飛び降りるのが見えた。まるで、李凱永を誘っているかのようである。
 嫌な感じがした。
 影が飛び降りた建物の縁まで来ると、眼下に円形の広場が現われた。篭り火などはなく、弱い月明かりが唯一の照明である。薄墨を満たした円い池のようである。広場の中心にぽつんと立っている黒い影以外に、人の気配はない。
 李凱永を待ち構えているらしい。
 月影が薄雲の切れ間にかかり、玲瓏とした月光が広場の様子を浮かび上がらせた。篭り火の台が四方に配置されているが、今は消え、その周囲で五、六人ほどが倒れているのが見えた。彼らは恐らく事切れているのであろう。ぴくりとも動かなかった。
 李凱永は大きく深呼吸してから、ふわりと広場に降り立った。

 再び月が雲に隠れ、闇が一段と深くなった。
 黒い影が僅かに揺らいだかと思うと、幽鬼のように滑り、いきなり間合いが詰まった。李凱永も舜意功に入りながら、突っ込んだ。
 一瞬、暴風と化した槍と剣が交叉して、黄金の火花が散った。
 二つの影が、ぱっと分かれた。
 李凱永の槍は穂先が斬り飛ばされ、ささくれ立った棒となっていた。
 相手の方も頭巾が飛ばされ、月明かりに頭部が顕わになっている。漆黒の髪がさらりと流れている。…女である。まるで蝋人形のように生気のない顔に、異様な殺気を放つ二つの目が浮き出ていた。
 女がにっと冷たく笑った。
 剣気が爆発的に膨れ上がった。女が軽く薙いだように見え、同時に周囲の空間が歪んだ。その歪みが李凱永に向かって瞬時に伝播してくる。
「…!」
 李凱永は本能的に棒を楯にしながら横に飛んだ。
 歪みとともに爆風のような衝撃がきた。棒の半分が粉々に砕け散り、李凱永自身も身体ごと吹き飛ばされた。
 李凱永は、宙で猫のように身を翻し、ふわりと着地した。手がぬるりとしている。触ってみると、腕の皮膚が何箇所も裂けている。頬からも血が滴り落ちているようだ。
 剣による傷ではない。確かに、剣が届くはずもない間合いから斬られたのだ。

 影を纏った女が再び李凱永に向き直った。剣気が再び増大し、周囲の空間が歪み始めた。
 その時である。
「うおおおおっ!」という怒声とともに、一人の偉丈夫が槍をぶんぶん振り回しながら乱入してきた。そのまま、女に向かって突っ込んで行く。
 女がペレウスに向き直り、剣を薙いだ。
「危ねえだあ!」と、李凱永は叫びざま八神破を発動させた。
 歪みの爆風が波状に広がり、ペレウスが爆風に吹き飛ばされた。
 李凱永の姿が掻き消え、濛々たる砂埃が巻き起こった。稲妻のような影が走り、爆風の狭間に飛び込んだ。
 ぱんっ!と鋭い音が響き、黒い影が跳ね飛んで、石の壁に激突した。がらがらと壁が崩れ落ちる。
 李凱永は、はあはあと荒く息をしながら、敵の行方を見守った。
 敵から発せられている異様な殺気は衰えていない。相手がペレウスに気を取られた一瞬の隙を突いて三連打と体当たりを叩き込んだが、戦闘力を完全に奪うまでには至っていないらしい。
 案の定、瓦礫の中から黒い影がゆらりと立ち上った。右手を傷めたか、だらりと下げ、剣を左手に持ち替えているが、恐ろしいまでの剣気はそのままである。否、それが急激に膨れ上がり始めた。
 あいやあ、ちょっと分が悪いだあよ。と、李凱永は腹の中で呟いた。

 黒い影がかすかに震え、歪みの爆風が放たれようとした瞬間、一条の銀の輝線が闇を切り裂き、稲光のような閃光が走った。
「リュカイオン!」と、凛とした声が彼を我に返らせた。
 黒い剣が敵の手から飛ばされて、くるくると回り、地面に突き刺さった。はっとした敵が剣を取り直そうと、駆け出す。
 李凱永は無我夢中で二度目の八神破を発動させ、疾風と化した。それが黒い影と交叉し、静寂が訪れた。
 彼の拳は深々と女の鳩尾に埋まっていた。女の身体から力が抜け、ずるりと地面に崩れ落ちる。もはや、殺気の欠片もない。魂の抜け殻のような存在であった。
 李凱永は、二度も八神破を使ったのですっかり体力を消耗してしまい、ぺたんと尻餅をついた。重い疲労感で、立ち上ることさえもできない。
 はあはあはあと荒く息をしながら、声のした方角に視線を向けると、李凱永は驚きで目を丸くしたものである。
 石壁の上には、全身に銀の霊光を纏ったアルテミス女神が立っていた。長く美しい髪が夜風になびいている。小脇には銀の長弓。キタイロンの森で出会った時そのままの狩りの出で立ちである。
 李凱永は、よろよろしながらも姿勢を正し、片膝をついた。
 アルテミス女神は、ふわりと舞い降りると、彼の前を通り過ぎ、地面に突き刺さっている黒い剣の前に立った。
 空気の匂いが変った。天空の月が輝きを増し、その淡い光が剣に収束して、銀色の帯となり、剣をふわりと浮び上がらせた。
 女神が剣に手をかざした。
 月光から産毛のような細かい繊維が無数につむぎ出され、それらが絡み合いながら太くなり、五、六本の糸となって、黒い剣を巻き始めた。それが紡錘形に膨らみ、やがて楕円形の繭になった。
 この世のものとは思えないほど不思議な光景であった。
 李凱永は思わず見惚れてしまったものである。ふと、女神が振り返ったので、彼は慌てて顔を伏せた。
 女神は地面を滑るように移動し、彼の前に立った。
「リュカイオン…」と、透き通った声が彼の心に響いた。
 李凱永は顔を上げた。
 そこに、神々しい輝きに包まれた月の女神の姿があった。均整のとれた身体と透けて見えるような白い肌。絹のような短衣が膝までを隠している。
 女神は能面のように無表情であった。意志の強さと深い智恵を秘めた双眸が、瞬きもせず、しばらく彼を見つめた。やがて、
「…大儀でした」という言葉が響いた。
 李凱永は何かを言わなければと思った。しかし、その前に、女神の姿が蜃気楼のように揺らめき、次の瞬間には幻のように消え失せていた。黒い剣を巻いた銀の繭もなくなっている。
 空に浮んでいる月が、一層輝きを増したかのように見えた。
 李凱永は、ゆっくりと頬をつねってから、ふううと溜め息をついた。

「…いててて」という太い声が、李凱永を我に返らせた。
 ペレウスである。見ると、偉丈夫は血だらけになりながらも、槍を杖にしながら立ち上った。李凱永は、彼の不死身さに感心しながら尋ねた。
「でえじょぶだか?」
「まあ、生きてはいるようだな。あの化け物は?」
「どうやら片がついたみてえだあよ」
 李凱永は瓦礫の横に倒れている娘を指した。
「女。…だったのか?」
「魔物自体はアルテミス様が連れていかれただ。そこにいるのは、ただの抜け殻だべ」
「アルテミス様…だと」
「ああ、御蔭で命拾いしただ」
「ふうん」
 ペレウスは不思議そうな顔をしたが、それ以上、何も言わなかった。

 どこかで悲鳴が上がり、幾つかの怒号が続いた。城内の空気が急に騒然となり、この広場にも松明を掲げた女兵士が五、六人ほど走り込んできた。
 兵士たちは、たちまち二人を見つけると、大声を上げて仲間を呼び、遠巻きに二人を包囲した。
「あいやあ…」
「おい、どうする?」と、ペレウス。
「どうする?…たって、おらはもう動けねえだあよ」
「…俺もだ」
 アマゾンたちの人数が見る間に増えてくる。彼女たちも、仲間が殺されて殺気立っている。あっという間に、包囲の輪が槍ぶすまに変わった。
 ペレウスが杖にしていた槍を投げ捨てた。
 李凱永はぺたんと尻餅をついたままである。
 その包囲の輪が縮まろうとした時、
「待てえっ!」と、鋭い声が響き渡った。
 皆の視線が広場の一点に集まり、辺りがしんと静まり返った。
 そこに倒れていた黒髪の娘がよろよろと起き上がった。唇からは血が滴り落ち、折れている右手をだらりと下げ、肩で苦しそうに息をしている。彼女は兵士たちをじろりと見回すと、
「その者たちに…手出しならぬ」と唸るように言いい、再び地に崩れ落ちた。
 女兵士たちは、
「ペンテシレイア様っ!」と口々に叫びながら、彼女に駆け寄った。

 その翌朝である。
 李凱永は、三畳敷きくらいの部屋の隅で毛布をかぶり、うずくまっていた。藁のベッドが窓際に拵えてあったが、そこには木の床几がぽんと載せてある。
 辺りは、まだほの暗かった。
 李凱永は立ち上ると、部屋の小さな窓から外を覗いてみた。
 ここは斜面に建てられた建物の二階に位置するらしい。眼下には、日干し煉瓦で作られたような家々が、城壁の内側に窮屈そうに並んでいた。およそ、二、三百軒規模の町である。人気はまだない。
 彼は、部屋の中央に戻ると、身体の各所をゆっくりと屈伸したり捻じったりしてほぐした。それから、音を立てずに刹神拳の基本を丹念に練習し、最後にふわりと立ったまま瞑想に入った。昨夜の化け物との戦いを思い起こして、それを仮想敵としたイメージトレーニングである。あの時はアルテミス女神の助勢で命拾いをしたが、それがなければ、死んでいたところであった。如何に相手が妙な術を使うとはいえ、もう少しましな戦いができなかったかと彼は思うのである。
 突然、ぐるるるると腹の虫が鳴いたので、李凱永は我に返った。
 いつの間にか太陽が山の端から顔を覗かせており、すっかり明るくなっている。
 やがて、あちらこちらから耳慣れた音が響いてきた。木と木を打ちつけ合う音である。窓から顔を出してみると、近くの路地でも五人ほどの女戦士たちが、手に手に長い棒や木剣を持って互いに打ち合っていた。中には、十歳に満たないような子供までいる。
 李凱永は自分の小さい頃を思い起こしながら興味深く眺めていたが、ふと背後に人の気配を感じて振り返った。同時に、何の予告もなく扉が開かれ、牛のような体格の女戦士が入ってきた。
 彼女は李凱永をぶすっとした顔で睨みつけ、横柄な口調で言った。
「異邦人よ。ペンテシレイア様がお呼びである」
「…?」
「ついて参れ」
 女戦士は巨体をくるりと翻し、のしのしと歩き始めた。李凱永は後を追いかけながら尋ねた。
「ペレウスはどうしているだかなあ?ほら、おらと一緒にいた兄ちゃんだあよ」
 女戦士は無言のまま狭い通路を歩き続けた。

 李凱永が連れてこられた部屋には、先客が二人いた。
 中央には大きなテーブルがあり、その上に、鳥や豚の丸焼き、白く平べったいパンの山盛り、丸のままの果物や野菜、大きな壷に入った葡萄酒などが所狭しと並べられていた。その両側に、ペレウスと黒髪の女戦士が腰を据えて、飢えた野獣のように、手当たり次第に貪り食っていた。
 女の方は、昨夜、李凱永が闘った相手であろう。右手は添え木をされ、麻布で巻いてあったが、もぎ取った豚の足を左手一本で持ち、かぶりついていた。
 李凱永は、半ば呆れ返りながら、立ち尽くしていたものである。だいたい、女の方は昨夜に彼の攻撃を何本も食らったばかりなのである。生きているのが不思議なくらいなのに、平然と飯を食っている。
 ペレウスがパンを口の中に押し込んでから、壷を持ち上げて葡萄酒を流し込み、もぐもぐと顎を動かしながら李凱永に言った。
「おう、リュカイオン。貴公も食え」
「あ…。う、うん」
 李凱永も腹の皮が背中につきそうだったので、ペレウスの隣に陣取り、野獣の仲間入りをした。
 三人は物も言わずに食いまくった。十分もすると、テーブルの上からは空の食器以外のものが綺麗さっぱりなくなってしまった。
「うおおお。食った、食った」と、ペレウスが太鼓のような腹を満足そうに叩いた。
 ペンテシレイアの方は、ゆったりした衣のせいか余り体型の変化は目立たない。それにしても、生まれながらの尊大さと戦士のような精悍さが表れていなければ、結構な美人に見えるであろう。
 彼女は籐の椅子にもたれながら、李凱永を睨みつけた。別に怒気は感じられないので、眼光が鋭いだけなのであろう。彼女は重々しく口を開いた。
「リュカイオンとやら…」
「なんだべ?」
「昨夜の事、大儀」
 王女はむすっとした表情を変えなかった。余りにも短い言葉だったので、李凱永には礼を言っているらしいとは瞬時には判らなかった。
 ペンテシレイアは、すぐに話題を変えて続けた。
「ところで、ペレウスの話では、カウカサスへプロメテウスを訪ねて行く冒険の途上だそうよの」
「あっ!」と叫んで、李凱永は膝を叩いた。「すっかり忘れていただよ!こ、この国にイムリスっていう王子が流れ着いていねえだべか?背はこのくれえで、金髪で青い目の、ちょっと生意気な子供なんだけどもなあ」
 アマゾンの王女はきょとんとした。
「いや。聞いてはおらぬが」
「あ、あの、お国の町や村にお触れを出して、聞いて頂けねえですだか…」
「俺からもお願いいたす。あの子は、俺の罪の清め手なのだ」とペレウスも頭を下げた。
「…」
 ペンテシレイアは二人を交互に見ていたが、やがて大きく頷いた。
「よかろう。昨晩の借りもある故、その願い、聞き届けてつかわそう。その代り…と言ってはなんだが」と、にんまりした。「わらわも、その冒険に同行させてたもれ」
「え?」
 李凱永はペレウスと顔を見合わせた。
「ま、まあ、構いはしねえだども…」
「…俺もだ」
「では、決まりじゃな」
 ペンテシレイアは、ぱんぱんと手を叩き、部屋の外から例の大柄な女戦士を呼び寄せると、二言三言耳打ちした。
 その女が出て行き、しばらくすると、別の女戦士が大きな盆に武具などを載せてやってきて、テーブルの上に置いた。そこには、テティス女神から授けられたペレウスの武具や李凱永の玉が並んでいた。
「これはお返しいたす。少年についての知らせは、二、三日もあれば集まってこよう」
「それは有り難い」と、ペレウスが武具を身につけながら嬉しそうに言った。
 李凱永も玉にちょっと頭を下げてから懐に入れ、不思議そうに尋ねた。
「それにしても、何でわざわざおらたちの冒険にお付き合いなさりたいだあよ」
「罪の清めじゃ。昨夜は魔物に憑かれたとはいえ、我が手で何人もの兵を殺してしまった。それは大いなる試練によって清めねばならぬからじゃ。それに、…」と、アマゾンの王女は顔をやや赤らめて言った。
「この国では、己を打ち負かした男の子を宿さねばならぬという掟があるのじゃ」
 李凱永は、しばし呆然とした後で、
「あ、あいやあーっ!」と悲鳴のような声を上げた。

 その五日後、李凱永たち三人はアマゾンの都を後にした。結局、イムリス王子の消息については全く手掛かりがなく、彼らにとっては気の重い旅立ちであった。